以前は国家安全保障上の脅威と見なされていた中国のドローンを購入する連邦機関: 報告する

アメリカ. シークレットサービスと 連邦捜査局 最近、深センを拠点とする企業DJIから監視ドローンを買収しました, ほぼ同時に、国防総省は中国企業の製品を潜在的な国家安全保障上の脅威と見なしました, Axiosレポートによると.

DOBRIANSKY AND RUNDE: CHINA’S POWER INSIDE THE UN IS GROWING RAPIDLY AND US MUST UP ITS GAME

調達記録によると、シークレットサービスは7月に8台のDJIドローンを購入しました 26 国防総省からわずか3日後 発行済み 会社の製品によって引き起こされる可能性のある脅威について警告する声明.

ほぼ同時期, 記録はFBIが購入したことを示しています 19 DJIのドローン.

DJIは業界で最も人気のあるドローンメーカーの1つです, 同社は、製品を購入する人に、独自のソフトウェアをダウンロードして、リモートで監視できる可能性のある独自のマッピングデータベースをユーザーに提供することを求めています。.

JIM GILMORE: BIDEN’S AFGHANISTAN DEBACLE INCREASES RISK OF ‘HOT WARWITH RUSSIA, CHINA

Concerns about the company’s products being used to advance China’s interests have been longstanding and include a 2017 ステートメント from the Department of Homeland Security that claimed withmoderate confidencethat DJI wasproviding U.S. critical infrastructure and law enforcement data to the Chinese government.

The Interior Department, which owns DJI products, grounded its entire non-emergency drone fleet in 2019 due to concerns about Chinese government intrusion.

Given everything we know about the Chinese Communist Party and its companies, there is absolutely no excuse for any government agency to use DJI drones, or any other drones manufactured in countries identified as national security threats,” 共和党セン. Marco Rubio told Axios in a statement.

A Pentagon ban on purchasing off-the-shelf Chinese drones provides an exception for agencies who are buying them to study the devices and ways to counteract possible Chinese hacking. Some experts who spoke to Axios said that’s a possible reason for the recent purchases.

The Defense Department did not immediately respond to a request for comment from Fox News.

コメントは締め切りました.