元労働長官イレーン・チャオ、独占インタビューでバイデンの求人率を「衝撃的」と呼ぶ

チャオのコメントは、現在の労働長官のマーティ・ウォルシュが、企業が営業を再開し、労働者を切実に必要としている間に、COVIDの緊急失業手当を擁護したときに出された.

チャオ, 上院少数党院内総務ミッチ・マコーネルの妻, R-Ky., 言った “物語” 彼女が労働長官だったときの独占インタビューで 2000, 求人数は現在の半分でした.

“働いている労働者がほとんどいないという事実を裏付ける事実があると思います. 私が労働長官だったときの労働参加率を見てみると, そうだった 67% の労働力から 157 百万人. その労働参加率は61.6%まで落ち込み、” 彼女は言いました.

“そのため、職場に戻らない大勢の人々がいます,” チャオは続けた.

チャオはやりたくないと付け加えた “衝突する” 支払いの最初の理由, 政府が義務付けたロックダウンとウイルス緩和の取り組みにより、多くの労働者が失業したため.

“彼らは、困難な時期を経験している脆弱な人々を助けることを目的としています. しかし、プログラムが間違ったインセンティブを提供することも望ましくありません。,” 彼女は言いました.

水曜日の下院教育労働委員会の公聴会で, ウォルシュは共和党からの批判に対してバイデン政権を擁護した.

“なぜ私たちは、労働者が仕事に戻らずに家にいるようにするこのインセンティブを推進し続けているのですか??” ニューヨーク共和党議員. エリーゼ・ステファニクは尋ねた.

“それは配布物ではありません,” ウォルシュが撃退. “これらは人々が獲得した失業給付です。”

ウォルシュは、緊急支払いを終了するかどうかを尋ねた別の議員にも簡潔な回答を提供しました.

“それに対する簡単な答えを教えます. 番号。” ウォルシュは言った.

コメントは締め切りました.