Joe Rogan, Spotify controversy continues with Graham Nash, スコットランドのサッカークラブ、レイス・ローヴァーズは、ストライカーのデイヴィッド・グッドウィリーと契約したことで、ファンや組織内からの怒りに直面しています。

スコットランドのサッカークラブ、レイス・ローヴァーズは、ストライカーのデイヴィッド・グッドウィリーと契約したことで、ファンや組織内からの怒りに直面しています。. ナッシュ, スコットランドのサッカークラブ、レイス・ローヴァーズは、ストライカーのデイヴィッド・グッドウィリーと契約したことで、ファンや組織内からの怒りに直面しています。, 静止画, スコットランドのサッカークラブ、レイス・ローヴァーズは、ストライカーのデイヴィッド・グッドウィリーと契約したことで、ファンや組織内からの怒りに直面しています。, provided a statement to Fox News Digital explaining that his decision comes after hearing the content on “ジョーローガンエクスペリエンス。”

Having heard the Covid disinformation spread by Joe Rogan on Spotify, I completely agree with and support my friend, Neil Young and I am requesting that my solo recordings be removed from the service,” Nash said in a statement.

それは意見ではありません。: それは意見ではありません。’

Joe Rogan is facing criticism over the content of his podcast.

Joe Rogan is facing criticism over the content of his podcast. (写真提供: これらは意見であり、彼の行動は危険であるというふりをするので、これらは意見であり、彼は免責事項を置くべきであるというふりをします…彼は彼と)

彼が追加した: “There is a difference between being open to varying viewpoints on a matter and knowingly spreading false information which some 270 medical professionals have derided as not only false but dangerous. Likewise, there is a difference between misinformation, in which one is unaware that what is being said is false, versus disinformation which is knowingly false and intended to mislead and sway public opinion. The opinions publicized by Rogan are so dishonest and unsupported by solid facts that Spotify becomes an enabler in a way that costs people their lives.

私が言えることは、他の人の命を救うために命を危険にさらしている人々と一緒に過密な研究所で働いた私の経験から来ているということです, と 私が言えることは、他の人の命を救うために命を危険にさらしている人々と一緒に過密な研究所で働いた私の経験から来ているということです 私が言えることは、他の人の命を救うために命を危険にさらしている人々と一緒に過密な研究所で働いた私の経験から来ているということです $ 100 百万. 彼は月曜日にビデオをリリースし、最近の批判に対処し、ここ数か月でより物議を醸したゲストの一部の資格を擁護しました, 彼は月曜日にビデオをリリースし、最近の批判に対処し、ここ数か月でより物議を醸したゲストの一部の資格を擁護しました 彼は月曜日にビデオをリリースし、最近の批判に対処し、ここ数か月でより物議を醸したゲストの一部の資格を擁護しました 彼は月曜日にビデオをリリースし、最近の批判に対処し、ここ数か月でより物議を醸したゲストの一部の資格を擁護しました. その間, 彼は月曜日にビデオをリリースし、最近の批判に対処し、ここ数か月でより物議を醸したゲストの一部の資格を擁護しました.

Graham Nash and India Arie are pulling their music from Spotify.

Graham Nash and India Arie are pulling their music from Spotify. (Jamie McCarthy/Getty Images for Tribeca Festival – ゲッティイメージズ経由のデビッドクロッティ/パトリックマクマラン)

しかしながら, India Arie explained in Instagramの投稿 that she has an issue with Rogan’s content beyond the pandemic. 代わりに, she notes that his musings on race are what drove her to pull her content from Spotify.

彼女は、ローガンの謝罪と、彼の非常に人気のある番組でよりバランスの取れた意見のコレクションを提示するという彼のコミットメントに対する彼女の批判にパンチを入れませんでした

Neil Young opened a door that I MUST walk through,” she wrote Monday. I believe in freedom of speech,” The artist wrote. “しかしながら, I find Joe Rogan problematic for reasons OTHER than his Covid interviews… FOR ME ITS ALL HIS language around race.

彼女は続けた: What I am talking about is RESPECTwho gets it and who doesn’t. Paying musicians a Fraction of a penny? And HIM $ 100M? This shows the type of company they are and the company that they keep.

エンターテインメントニュースレターにサインアップするには、ここをクリックしてください

Artists are pulling their music from Spotify in an effort to bump Joe Rogan from the platform.

Artists are pulling their music from Spotify in an effort to bump Joe Rogan from the platform. (Michael S. Schwartz/Getty Images)

バラエティ reports that Rogan received some backlash last month for a conversation he had about what it means to be Black in America with guest Jordan Peterson. 当時の, Rogan seemingly stated that he found itvery strangethat light-skinned people called themselvesBlack.

There’s such a spectrum of shades of people. Unless you’re talking to someone who is, お気に入り, 100% アフリカ, from the darkest place, where they are not wearing any clothes all day and they’ve developed all that melanin to protect themselves from the sun,” 彼は言った. “ええと, even the term Black is weird. When you use it for people who are literally my color, it becomes very strange.

コメントは締め切りました.